社内SEの将来性に悩む

社内SEから転職

社内SEに将来性はない?

社内SE 将来性について

IT転職ではとても人気が高い職種が社内SEです。

しかし、実際に社内SEとして転職して働いているうちに、将来性に迷ったり悩んだり、といった方も少なくありません。

社内SEは仕事はSIerなどと比較すると楽ですが、年収が上がりにくい、技術力が停滞する(落ちる)といったことがあるのは事実です。

また、転職してきた会社の経営状況が不安、会社そのもの将来性が不安で転職を考えている、という方も中にはいるかもしれません。

社内SEには将来性はあるのでしょうか?また社内SE以外の転職先はどういったものがあるのかについて、解説しています。

社内SEに将来性はない、という意味

社内SEに将来性はない

とよく言います。

その言葉の意味としては、

社内SEになると、次の転職先を探すのが難しくなる

ということが強いといえます。

社内SEの仕事は、SIerや厳しい開発の仕事をされていたエンジニア方は「楽」に感じるでしょう。

そして社内SEに転職した後はバリバリの開発業務をすることは無い会社が多いです。

また、実際の開発は外注に出すことが多いため外注管理のスキルが重要となってきたり、社内ヘルプデスクが仕事の大きな割合を占めたりと、長く社内SEとして働くほど、技術力が停滞し転職が難しくなるということがあります。

そういった意味では社内SEは将来性がないといえます。

ただし、社内SEに転職してライフワークバランスがとても取りやすくなって満足という方もいらっしゃるでしょう。

ヘルプデスク業務なども様々な社員とコミュニケーションを取れる機会なので楽しい、機器選定なども権限を任せて貰えるので楽しみながらやっている。
定年まで、この会社の社内SEとして働きたい。

そうした方にとっては、転職という選択者なく、社内SEとしての将来を確かなものとするために会社が必要とするITスキルを身に付けることが重要となってくるといえるでしょう。

クラウド化なども将来的には指示が下りてくる可能などもあるのではと思います。

社内SEの仕事に将来性が無いと思った場合、今後どうする?

社内SEの仕事に将来性がない・・・と色々とお悩みになっている方もいらっしゃると思います。

会社の将来性、社内SEの仕事のやり甲斐・給料、家族の生活など、総合的に検討することは大切ですね。

社内SEへの転職を目指した本音の理由が、

客先常駐の働き方をもう辞めたい!

前職の残業時間が多すぎ、激務で体を壊してしまったため

といったような場合。

社内SEの働き方自体には満足しているのであれば、そのまま社内SEの仕事を続ける、という選択肢も十分ありますね。

しかし、実際に転職してみて将来性のなさ、待遇への不満、やっぱり開発の仕事にまた携わりたい・・・などあるのでしたら、早めに転職活動をスタートされることをおすすめします。

短期離職は履歴書としてどうかといった部分もありますが、技術力が停滞することを考えた場合には、特にバリバリの開発会社へ転職を希望する場合には、早めに転職活動が良いでしょう。

社内SEを辞めたい理由

IT転職ではとても人気が高い社内SEですが、社内SEを辞めて転職したい、というエンジニアの方もやはりいますよね。

「給料が上がらないことへの不満、将来への不安」

「実際に社内SEになってみたものの、なんか、やり甲斐がない」

「プログラミングをしない社内SEの仕事。この先、自分の技術力が不安。やっぱり開発したい」

社内SEの転職理由として多いものとして、こうしたものが挙げられます。

やはり給料・年収について不満を持っている社内SEの方は多いのではないでしょうか。

「転職してきてから、ほとんど年収アップしていない。これから、お金がかかる時期なのに・・・」

お金は全てではないですけれど、給料が低いと生活が辛いですし、モチベーションも上がらないですよね。

転職するにあたり、年齢も重要なポイントとなります。

転職活動をするなら、1歳でも若い方が良いと言えるでしょう。

色々と悩んで・・・やっぱり社内SEから転職しよう、という場合。
30代、40代。
50代のエンジニア転職となると、やはり厳しさがあります。

その場合、どういった転職先を考えることが出来るでしょうか。

社内SEから転職するなら?

社内SEから転職を考えた場合、どういった転職先があるでしょうか。

転職の方向性としてまず2つ挙げられると思います。

  • エンジニアとして働いていきたい
  • エンジニアの仕事以外で働きたい

といったことです。

エンジニアとして仕事を続けたい

社内SEの仕事は辞めたいけれど、エンジニアとして開発の仕事には携わっていきたい。
再び、エンジニアとしてスキルアップできる会社へ転職したい、という場合です。

社内SEの前の職種によっても、目指す転職先は変わってくるでしょう。

  • インフラエンジニア
  • WEBエンジニア
  • プログラマー
  • システムエンジニア

などなど、再び技術を活かして働きたい職種への転職を希望される場合には、IT・WEB業界を専門とする転職エージェントの活用がやはりおすすめです。

おすすめ転職エージェント

社内SEから他のITエンジニア職へ転職を目指す場合、IT・WEB業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

⇒ レバテックキャリア

⇒ マイナビエージェント×IT

⇒ ワークポート

などが求人数も多く便利でしょう。

IT・WEB業界を専門とする転職エージェントは、転職をサポートしてくれるアドバイザーも知識が豊富ですから、経験を活かして転職したい言語、スキル、希望のキャリアなどを理解して求人を紹介してもらえるメリットがあります。

コンサルタントが技術などに詳しいという評価が高いのが、レバテックキャリアです。

こうした転職エージェントを活用されて、将来につながる転職先をぜひお探しになってみてはいかがでしょうか。

フリーランスという働き方もありますね。

エンジニアの仕事以外で働きたい

「エンジニアの仕事はもう良いかな・・・システム開発の仕事以外で稼ぎたい」

という場合には、キャリアを活かしてどういった転職先が考えられるでしょうか。

20代なら未経験の異業種転職も挑戦できますが、年齢的には30代、40代の社内SEの方が多いのではないでしょうか。

そうなると、年齢的に全くの未経験職への転職を目指すのは難しいですから、今までのエンジニア経験、社内SE経験を活かしての転職先探しとなるでしょう。

例えば、転職先として考えられるのは、

  • プリセールス・セールスエンジニア
  • ITコンサルタント
  • Webディレクター
  • サポートエンジニア
  • フィールドエンジニア・カスタマーエンジニア

などがあるでしょうか。

転職してどういった働き方、仕事内容を希望されるかにもよりますね。

社内SEとして社内ヘルプデスクの仕事がストレスで・・・といったような方は、サポート系の仕事はキツいかもしれません。

ITコンサルタントなど、IT関連の職種でしたら先ほどもご紹介いたしましたが、

おすすめ転職エージェント

以下の転職エージェントは、IT業界の様々な職種の取り扱いもあります。
ぜひ、相談をされてみてはと思います。

⇒ レバテックキャリア

⇒ マイナビエージェント×IT

⇒ ワークポート

といった転職エージェントでIT関連職の求人の取り扱いがありますので、転職先を探すことが出来ます。

社内SEに将来性はない、と思った時

以上、社内SEの将来性や、社内SEから転職したい場合の転職先、転職エージェントについてもご紹介いたしました。

将来のついて、色々な選択肢があると思います。

最初から限定せずに一度納得出来るまで情報収集してみて、やっぱり社内SEの仕事を続けてみる、と決めるのもありではと思います。

-社内SEから転職
-,

Copyright© 社内SE 転職エージェントおすすめ , 2020 All Rights Reserved.