社内SE転職のためのエージェント

社内SE転職

社内SEのメリット、魅力

社内SEのメリット

社内SEは人気の高いITエンジニア職ですが、それはやはり働き方にメリット・魅力があるからですね。

未経験、新卒で社内SEとして就職する方もいますが、多くは転職によって社内SEとして中途採用される方が多いでしょう。

客先常駐エンジニアとして働くことに限界(キャリア的にも年収的にも)を感じ、楽な働き方ができる社内SEに転職したい・・・と辿りつく方も多いのではないでしょうか。

また元々のキャリアパスとして40代で社内SEへの転職を目指す、と決めていた、といったようなエンジニアの方もいらっしゃるかもしれません。

社内SEはメリットも多い仕事です。
働き方も魅力を感じる部分が多く、ITエンジニアの転職で人気が高いのも理解でいる職種といえます。

ここでは社内SEになるメリット、働き方の魅力についてご紹介しています。

社内SEへの転職を目指す際に、情報収集がしやすい転職サイトはこちらです。

⇒ 非公開求人も含め、社内SE求人が多い転職エージェント

具体的に転職活動をスタートされる際には、ぜひご活用になってみてください。

社内SEのメリット・魅力とは

社内SEになるメリット
社内SEへの転職を目指す方が多いと思うのですが、その働き方にメリット・魅力を感じて転職を目指されているのではないでしょうか。

社内SEのメリット・魅力を再確認して、社内SEへの志望動機などを再度、固めてみてください!

仕事が楽

「社内SEに転職して、仕事が楽になった!」

「エンジニアとしての今までの働き方は人間らしくなかった・・・!」

といったような声もありますが、それまでのシステムエンジニア、インフラエンジニアなど様々な方(主に客先常駐エンジニア)がいらっしゃると思いますが、働き方が激務であったならあったほど、社内SEの仕事が楽に感じられる傾向は強いです。

基本、残業無しの働き方に憧れるエンジニアは多いと思います。

社内SEが担当するのは社内の仕事となりますので、納期が厳しくなく時間的・精神的に余裕を持つことが出来ます。

これは、他のエンジニアの働き方と比較して大きなメリットです。

後ろ向きな転職理由かもしれませんが、仕事の楽さに魅力を感じて社内SEへの転職を目指す方もいるでしょう。

もちろん、転職に興味を持ったきっかけが働きやすさであったとしても、他の社内SEの業務にも興味を持てれば転職することに大きなメリットがあります。

納期が厳しくない、曖昧

社内SEの仕事は社内向けの仕事です。

外部に仕事を出すことはあっても、外部から開発を請け負うことはありません。

そのため、短期間の納期でデスマーチが続く・・・といったことは無くなります。

  • 最初から短納期、残業前提での開発案件
  • 納期を前にしても突然の仕様変更が落ちてくる
  • 他社の客先常駐エンジニアがうつ病発症で抜けて仕事が増える・・・
  • 既に炎上中のプロジェクトにヘルプで派遣される

といったようなことは社内SEには無いです。

もちろん仕事ですから、納期は設定します。
しかし、何らかの原因で納期に間に合わない場合には、社内で調整が可能という曖昧さがあります。

そうした会社ばかりではなく、厳しく管理する場合もありますが多くの会社では、納期は厳しくないといえます。

社内SEの働き方が楽、といわれる理由の一つになる部分です。

勤務先が変わらない(腰を据えて働ける)

社内SEとして働くメリットに、勤務先が変わらない、ということがあります。

エンジニアの働き方としては、

・自社内
・客先常駐

の2つに一つですが、きっとこの記事をご覧になっているエンジニアの方の多くは客先常駐ではと思います。

客先常駐エンジニアとして働く場合、短期で現場が変わることも多いですよね。

2ヶ月、3ヶ月といった短期で現場が変わると、路線、通勤時間も変わりますので生活リズムそれ自体も変える必要があります。

短期間で常駐先が変わるのは、大きなストレスです。
(新たな経験が出来て楽しい、という方もいらっしゃるかもしれませんが・・・)

新たな人間関係、勉強し直し、リセットが続く働き方はきついものがあります。

しかし、社内SEは勤務先が変わることはありません

全国に支社がある企業であったとしても、社内SEは異動による転勤は無い場合が多いのではないでしょうか。

客先常駐で環境が変わることに疲れたエンジニアにとっては環境の変化が無いことも、大きなメリットに感じられると思います。

上流工程に携わりやすい

社内SEはシステム利用者の立場として、実際の開発業務をITベンダーに発注することが多いです。

そのため、システム開発の企画、プロジェクト計画立案、予算作成など上流工程に携わる機会が多いです。

ベンダーマネジメントスキルが身に付く

社内システム開発を、自社の情報システム部門だけ、社内SEだけで行う企業は少ないでしょう。

むしろ、社内SEになったらプログラミングをしなくなって技術力が停滞、低下してきた・・・といった悩みを持つ方が多いのではないでしょうか。

実際の開発に関しては、ITベンダーに発注することになるケースが多いため、ベンダーマネジメントスキルが磨かれることになります。

ユーザーとの距離が近い

社内SEのユーザー
SIerやITベンダー側として働いていた時には、エンドユーザーとは接点が無いケースが多いですが、社内SEの場合には自社の社員がユーザーとなります。

そのため、システムの使い勝手、感想などを貰える機会も多いでしょう。

それを元に、さらなるシステムの改善案などを見いだすことも出来ます。

社内SEの仕事は、ユーザーとの距離が近いこともメリットに挙げられます。

メリットの多い社内SEの働き方

社内SEとして働くメリット、働き方の魅力、ということで代表的なものをまとめてご紹介いたしました。

こうしたメリットに魅力を感じて、社内SEへの転職をお考えになっている方も多いのではないでしょうか。

具体的に求人を知りたい、探してみたいといった場合には、

⇒ 非公開求人も含め、社内SE求人が多い転職エージェント

でご紹介しているような社内SE求人を多く取り扱っている転職エージェントをご活用になってみてください。

それぞれの求人先、企業の詳しい業務内容であったり、求める社内SE像などの情報を得ることができるでしょう。

  • 激務が続いて倒れそう・・・
  • これから働き方を考えて、もう今の働き方を続けるのは無理と思っている
  • 残業100時間超えは普通、もう少し自分や家族を大切にした働き方がしたい

といったような気持ちをお持ちのエンジニアの方には、社内SEの働き方はメリットが多いものではないでしょうか。

ただし、スキルアップに向いた環境ではないですから、バリバリ開発がしたい、技術力向上を目指したい方には向かない仕事とはいえます。

そうしたデメリットについても抑えておかれることをおすすめします。

社内SE 関連記事

⇒ 社内SEのデメリット

社内SEとして働く場合、メリットもありますがデメリットもあります。
転職の前には、後悔しないためにもデメリットも理解しておくことが大切です。

社内SEになることの大きなデメリットとは?

-社内SE転職
-

Copyright© 社内SE 転職エージェントおすすめ , 2020 All Rights Reserved.