社内SEに必要なスキル

社内SE転職

社内SEに必要なスキル

社内SEに必要なスキル

社内SEに転職したい!という場合、仕事内容や社内SEに必要なスキルなどについて知っておくことが重要となります。

社内SEとして働くためには、どういったスキルが必要とされるでしょうか。

これから転職を目指すにあたり、必要なスキルがあるかどうかを考えてみることも大切といえます。

ITエンジニア職で最も人気が高いと言われる、社内SE。
しっかりと準備をして転職活動をスタートされることが重要です。

この記事では、社内SEに必要とされるスキルについてご紹介しています。

また、社内SE求人を多く取り扱う、IT・WEB業界に特化した転職エージェントについても触れています。

社内SEの仕事内容とは?

社内SEの仕事内容について最初にみていきましょう。

仕事内容から、必要なスキルなども見えてくるものがあります。

IT戦略の立案

経営層から指示があったり、経営計画の方針からIT戦略の立案を行います。

上流工程にあたる戦略、施策の立案を社内SE(上級、マネージャークラスが担当することが多いでしょう)が行い、実際の開発については下請け会社に外注することが多いです。

社内SEに転職することで、上流工程に関わることが出来るのは転職のメリットの一つではないでしょうか。

社内SEのスキル、転職について

社内SEとして就職、転職する企業によって仕事内容には差がありますが、共通して以下の仕事内容や役割が求められることになります。

主な仕事内容を最初に抑えておきたいと思います。

社内システムの選定・導入

社内システムの選定・導入を行う際にも社内SEが関わります。

導入することで業務効率化が図れるのか、また導入した際にはシステムの使用方法などを周知することも重要な仕事となります。

社内インフラ整備業務(運用、保守)

社内の情報インフラ整備も重要な仕事です。

社内システムが安定稼働することはとても大切なことです。

サーバー、PC、ネットワークなどインフラ周りの知識も必要となってきます。
ソフトウェアの運用・保守に関しても重要です。

この数年でクラウドサービスを利用する企業も増えてきています。
社内SEとしても、クラウドサービスの知識が求められる場面もあるでしょう。

その場合、プログラミング技術も必要とされます。

ヘルプデスク業務(問い合わせ対応)

社内SEには、社員から様々な問い合わせがきます。

パソコンに詳しい人からすると、一瞬で解決する(というかトラブルに入らない)ような問題が問い合わせで来ることもあります。

文字入力がおかしい! ⇒ NumLock解除

といったこともあるでしょう。

問い合わせがあったものに対して、後日、社内マニュアルなどを作るといった対応なども行います。
(マニュアルを作成しても、今度は読んでくれないといった問題もあるようですが・・・)

パスワードを間違えてしまいロックされた、メールの送受信が出来ない、パソコンが固まって動かない、マウスの動きがおかしい、など。

パソコン周りの質問、トラブルからシステムトラブルまで、社内SEには様々な問い合わせが来ます。

それらに対応することも重要な仕事・役割となります。

企業によってはヘルプデスク業務が忙しい可能性もあります。

ヘルプデスク業務をやりたくて社内SEへの転職を目指す、という方はあまりいらっしゃらないと思います。

興味を持った社内SE求人について、エージェントを介して詳しい業務内容とその比率などはできるだけ確認されると良いのではないでしょうか。

ただ、ヘルプ対応は社内の様々な人たちと(上層部も含めて)人間関係を構築できる良い機会でもありますね。

転職するために、社内SEに必要なスキル

人気の社内SE、転職を目指しているエンジニアの方も多いと思います。

社内SEは非常に人気の高いITエンジニア職となっています。

共通して以下のようなスキルがあると中途採用も成功しやすくなるのではないでしょうか。

社内SEに求められるスキルを理解し、面接の際もアピールするポイントに注意が必要です。

システム、インフラの基礎知識

社内SEは社内のシステムについて保守・運用、改善など関わることになります。
また安定稼働も重要となりますので、インフラ周りの知識も必要とされます。

プログラミングスキル

システム開発、保守などで社内SEがプログラミングを行う場合もあります。
その場合、プログラミングスキルが必須となる求人もあります。

会社によって使用しているプログラミング言語は異なりますので、事前に確認が必要でしょう。

大企業だと古いシステムが残っている場合もあり、汎用性に乏しい言語を覚える必要性に迫られることもあります。

逆にクラウドサービスを利用している企業もあったりで、様々といえます。

マネジメントスキル

開発業務について外注する場合も多いです。
その場合、社内SEはプログラミングをせず、外注スタッフのマネジメントに注力することになります。

全体の進行状況を把握しスケジュール管理、社内ユーザー部署と外注会社とのやり取りのとりまとめなど、そうした仕事の比重が高くなるでしょう。

マネジメントに苦労するケースもあるようです。

コミュニケーション能力

社内SEの仕事にはコミュニケーションは欠かせません。

ヘルプデスク業務、トラブル対応、新規開発の根回しなども必要でしょう。

上層部へのプレゼン、開発業務で外注先がある場合、開発会社スタッフとのコミュニケーションも重要になります。
様々な連携、調整も必要となってくるでしょう。

社内SEは思った以上にたくさんの人と関わることになります。

社内SEの採用の際、コミュニケーション能力を重視するという企業は多いです。

セキュリティ対策スキル

セキュリティ対策のスキルもとても重要です。

通信販売やオンライン教育など、他にも顧客情報であったり、個人情報を管理している場合には、セキュリティは万全を期す必要があります。

顧客情報の流出は、企業に大きな損失をもたらす可能性があります。
(信用も失ってしまいます)

当然ですが、社内SEの人間だけ気をつけてもだめです。
ITに詳しく無い社員も含めて、全社員がしっかりとセキュリティ対策を取れるような施策、周知なども重要となってきます。

社内SEに転職するための、求人の選び方

社内SE求人は、IT業界の求人としてはホワイト企業の求人が多いといえるでしょう。

エンジニアの月の残業時間100時間超え、といった働き方が普通の開発会社も多いと思います。

そうした過酷な働き方に限界を感じ、社内SEへの転職を目指す方も多いでしょう。

社内SEの求人は、そうした働き方と比べると、ホワイト企業、優良企業からの求人が多いといえます。

また社内SEは幅広いIT知識が求められるため、経験者優遇の求人が多いことも特徴です。

全くの未経験者はなかなか社内SEに就職・転職をするのは新卒以外では難しいでしょう。

そのため、エンジニア経験者が中途採用で転職するケースが非常に多いです。

社内SEヘの転職で注意したいのが、社内SEの人数です。
1人の場合、業務負担が大きくなりやすく思いもよらず残業が多い、といった可能性があります。

希望の働き方があると思いますので、条件に沿った求人なのかどうかは、しっかりと確認されることが重要となりますね。

そのための企業の詳しい情報収集には、転職エージェントの活用が欠かせません。

仕事内容、働き方、年収など待遇に加えて、求人先の企業がどういった目的で社内SEの採用をするのか、も情報をもらうと良いでしょう。

面接対策などのサポートもしっかり行ってくれますので、内定率を上げられることも転職エージェントを利用するメリットです。

⇒ 社内SEの転職に、おすすめの転職エージェント

-社内SE転職
-

Copyright© 社内SE 転職エージェントおすすめ , 2020 All Rights Reserved.