客先常駐から社内SEへの転職

社内SE転職

客先常駐から社内SEへの転職、脱出

客先常駐から転職、社内SEになるには

客先常駐から転職したい、客先常駐エンジニアを脱出したい、という方にとって、社内SEへの転職はおすすめの選択肢です。

客先常駐エンジニアから脱出して次に転職先をどこにする?

と考えた時、SIerの大手、事業会社への転職、社内SEへの転職などが考えられますが、今後の働き方のバランスを考えた時、社内SEはとても魅力がありますし、メリットの多い働き方ができるといえます。

客先常駐SEを辞めたい、もっと年収アップしたい、人並みに自分の時間が欲しい、働く場所が短期間で変わるのはもう嫌だ、もっとスキルアップできる仕事がした・・・

それらは、社内SEに転職することで叶う可能性が高いといえます。

この記事では、客先常駐SEから社内SEへ転職する方法についてを中心にご紹介しています。

客先常駐SEを辞めたい理由

客先常駐のSEを辞めたい、転職したい理由として複数ある変える必要の方も多いと思います。

例えば以下のような客先常駐から転職したい理由があるのではないかと思います。

  • 給料が少ない!
  • 10年SES、客先常駐してるけど年収アップしない
  • スキルアップできていない
  • いつまでも昇進できない
  • 現場が変わる(通勤先が変わる)のがストレス
  • 自宅から遠い現場が多い気がする
  • 新卒、未経験転職で経験なし、スキル無しなのに1人で客先常駐

それこそ、複数の退職理由があるということは少なくありません。

大体、

今の仕事(客先常駐)辞めたい・・・

と考え始めたら、どんどん辞めたい理由が思い浮かんでくる方が多いのではないでしょうか。

上記はすぐに思い当たる転職したい理由ですが、全部当てはまるエンジニアの方、もっと辞めたい理由がある・・・というエンジニアの方もいらっしゃるかもしれません。

客先常駐SEを続けるリスク・デメリット

客先常駐SEとして働いていた経験からいうと、

客先常駐SEは長く続けるのはリスクが大きい

といえます。

客先常駐だとスキルアップできない

客先常駐として働いていると、なかなかスキルアップをするのが難しいです。

自分で帰宅後、休日に勉強してスキルを磨くことでスキルアップすることは可能ですが、疲れ切った身には厳しいですよね。

それに、終電で帰宅したり時には徹夜、土日もシフトで仕事になったりする現場もあったりで、とにかく休日は寝て体力回復する必要もあります。

そんな現場ばかりではないと思いますが、とにかく客先常駐SEとしてハードな現場に当たってしまうと、時間がありません。

そんな状況のまま年齢を重ね、30代、40代、50代となっていくとします。

スキルの無い客先常駐エンジニアは、40代後半くらいから仕事が激減していく可能性が高いです。

50代になると一気に市場価値が下がっていきます。

次の派遣先も決まらず、社内待機、自宅待機の期間が増え、クビ候補に・・・

といった可能性があります。

SES会社、派遣会社で働く場合にはなかなか客先常駐SEが明るい将来を見いだすのは、難しいといえます。

管理職に昇進出来るケースは、非常に少ないと言えます。

マネジメントスキルを身に付けて開発リーダーになり、さらに忙しくなる

客先常駐エンジニアとして3年、5年と経験を積んでいくと、プロジェクトリーダーとしての仕事も増えてくる方が多いと思います。

マネジメントスキルは高く評価されますので、ある程度、ここで経験を積んだら転職するというのが年収アップの可能性も高く、良い選択肢ではと考えます。

しかし部下のマネジメントもして、自分でも業務を担う客先常駐プロジェクトリーダーは非常に忙しいといえます。

メンタルをやられる先輩プロジェクトリーダーを見てきました。

50代になってもこうした働き方が続けられるような体力、精神力があれば大丈夫かと思いますが、なかなか自分には無理だと感じることは多かったです。

客先常駐SEとして働いていると、同じ社内の先輩SEとコミュニケーションを取る機会もあまりないかもしれませんが、40代、50代で客先常駐SEとしてどのような働き方になっているのか、キャリアアップしているのかは情報収集してみると良いかもしれません。

このままでは将来性は無い・・・

ていうか、客先常駐の働き方がもう嫌だ・・・

といった場合には、転職を考えた方が良いでしょう。

色々と考えてみても、結論として転職に行き着くことが大半です。

年収アップしにくいことも、客先常駐SEから転職した方が良い理由

客先常駐SEの将来性を考える中で、一番大きなリスクになってくるのが、

年収

です。

客先常駐SEは年収アップしにくいため、生涯賃金があまり期待できません。

IT業界もピラミッド型構造ですから、元請けSIerなどから下流に仕事が発注されていく間にピンハネされていきます。

4次受け、5次受けといったプロジェクトになることもありますから、客先常駐SEとして働いていて高年収を得るのは構造的に無理、といえる状況があります。

40代で年収300万円台、となると将来設計も難しいのではないでしょうか・・・

結婚できたとしても、自分の給料では家族を養えないのでは?
(今は共働きは前提の経済ではありますけれど)

と不安になると思います・・・。

客先常駐を続けていると、年齢を重ねても年収アップは難しいです。

高単価のSEは客先常駐としてあまり歓迎されません。
基本的には下流工程を担当することが多いので、単価が安く、それでいてそこそこ能力があって馬力のあるエンジニアが歓迎されます。

客先常駐SEの派遣依頼をする企業としては、

「人件費は安いと嬉しい」

ものですからね・・・。

客先常駐SEは同世代のエンジニアの平均年収よりも大きく下回る年収になってしまう可能性はあります。

年収アップしたい、というのであれば転職が最も現実的な選択肢といえるでしょう。

客先常駐SEから社内SEはおすすめの転職先

社内SEの働き方は客先常駐SEとは異なり、

  • 同じ職場で腰を据えて働ける
  • 平均年収が貰える、それ以上の高年収の社内SE求人も多い
  • エンドユーザーが社員で距離が近い
  • 社内ヘルプデスク業務で、直接役に立っていることが実感出来る
  • 残業がほとんど無い
  • 納期が緩い

といったようなメリットがあります。

もちろん、社内SEには社内SEならではのデメリットなどもありますが、客先常駐の働き方に大きなストレス、将来性の無さを感じている方には、メリットが大きい転職先となるのではないでしょうか。

客先常駐SEはもう限界!転職したい!

客先常駐SEで働くのはもう限界、辞めたい!

といった気持ちが強いのでしたら、転職が最も現実的です。

転職をお考えになる場合、35歳が目安の年齢となります。

35歳以上の転職では、マネジメントスキルなどが問われるようになる、と言われますが客先常駐の働き方でこうした能力が磨かれる方は少ないでしょう。

40代で転職活動をしてみても、スキル・経験が不足している場合には、今までと同じような客先常駐SEの仕事しか紹介されない・・・といった可能性もあります。

むしろ転職して年収が下がる、といった可能性も否定出来ません。

どうしても転職したいのであれば、思い切って未経験の営業職で転職するか・・・といった選択肢なども出てきます。

客先常駐SEからの転職を考えた場合、若い年齢の間に決断することは、とても重要です。

次第に会社待機の期間が増えてきた40代以降の方は実際にいましたよ・・・。

今すぐ転職する、しないにせよ、転職について興味がある方は情報収集をスタートしてみた方が良いように思います。

エンジニアに特化した転職エージェントであれば、これまでの多数の転職支援から市場価値を客観的に教えてくれます。

そこで危機感を持てるようになる方もいるでしょうし、具体的に求人を紹介してもらえる事で転職を検討するケースもあります。

20代、30代のエンジニア転職であれば、転職支援実績が多い、

⇒ マイナビエージェント×IT

などへ相談されることをおすすめします。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×IT 社内SEに転職

マイナビエージェント×ITは社内SE求人も多数、取り扱っています。

大手転職エージェントとして、求人数が豊富なメリットがあります。

未経験でも挑戦出来るエンジニア求人もありますので、今後のキャリアを今一度お考えになってみて、職種など検討されてみてはと思います。

⇒ マイナビエージェント×IT

社内SE求人に強い、おすすめ転職エージェント

客先常駐はスキルアップも難しく、年収アップも難しい、など将来性を考えるとリスク・デメリットが大きいと考えた方が良いと思います。

全くのIT未経験から就職・転職する入り口としては中途採用される率も高く、メリットはあるとは思いますが長く働くのは考えた方が良い、といえるかと。

客先常駐エンジニアとして、社内SE転職に活かせるスキル・経験も多いはずです。

社内SEの業務内容として、企業によっては広く・浅くといった場合も多いため、コミュニケーション能力などをアピールすることで評価を高めることが出来る場合もあります。

具体的には社内SEを募集している企業によって必要なスキル・経験などは異なるため、転職エージェントを利用して情報収集されるのが一番です。

社内SE求人についての情報を得る場合、IT業界を専門としている転職エージェントの活用がおすすめです。

IT転職エージェント

業界大手の転職エージェント。求人数が業界トップクラス、
⇒ マイナビエージェント×IT

アドバイザーがIT業界に精通している、
⇒ レバテックキャリア

社内SEに特化している転職エージェント。
⇒ 社内SE転職ナビ

などを活用されての情報収集をおすすめいたします。

いずれも相談は無料です。

こうした転職エージェントの利用方法ですが、

「まずは自分の市場価値を知りたい」

「今すぐの転職ではないけど、転職について相談してみたい」

「早く客先常駐を脱出したい、良い求人があれば応募したい」

など色々なケースで可能です。

転職エージェントも仕事ですから、転職の可能性が高い人材への対応を優先します。

50代で客先常駐の経験しか無い方が登録しても、エージェントは会ってくれない可能性もあります。

若いことはそれだけで転職でも有利になります。

客先常駐SEとして、将来をお考えになっている方は脱出(転職)は若いうちにお考えになった方が良いと思います。

客先常駐エンジニアとして働くリスクには、

  • スキルが身に付かないまま年月が過ぎやすい
  • 年収が上がりにくい
  • 仕事を選べない
  • 年齢が上がると派遣先が無くなってくる

といったものです。

転職エージェントを利用して、色々な選択肢を考えてみるのも良いと思います。

相談先としておすすめはサポートも手厚く、業界大手の転職エージェントであり求人数が業界トップクラスのマイナビエージェント×ITです。

⇒ マイナビエージェント×IT

-社内SE転職
-,

Copyright© 社内SE 転職エージェントおすすめ , 2020 All Rights Reserved.